Philosophy

Product design

Space design

Planning

Graphics design

<Design Philosophy


「真・善・美」の追求

心にとどくモノ・コトを創造する


学問・道徳・芸術の追求目標は、「真・善・美」(カント哲学より)。それはデザイン行為の目的と付合します。

    真:モノの本質の見極め
    善:社会への配慮・貢献
    美:モノ・コト、存在への共感


モノの本質の見極めとは、モノの価値・意味の発見であり、創造でもあります。デザイン思考、人間中心設計の方法論のベースであり、価値創造するための前提条件となります。

社会への配慮・貢献とは、企業の目指す価値であり、人を幸せにするベースとなります。デザインはそのひとつの要素になり得る力があります。

モノ・コト(行為)、存在への共感とは、対称に対し感性を磨く努力が必要あリ、万人に共通するものではありません。美しさに潜む非合理性への共感と理解は、コミュニケーションの始まりです。「美とは幸福の約束である」加藤周一氏の言葉を想起します。

生活、社会、そしてその未来に対し好奇心を持って、心にとどくモノ・コトの具現化を目指しています。

 

design solutuin

 m-Do co,.ltd.ではプロダクトデザインを中心に、日用品から家具・インテリアそしてグラフィック、モノ・コトの企画から設計までをデザイン業務としております。多くの職種・業種の方々との共同作業となるのモノづくりでは、より本質的なテーマの発見を心がけ、そのデザインの共有【コンセプト構築】を図り、多様/多層な切り口/レイヤー(思索の拡散と収束、解答案/アイデア)を提示し、最善解を求めていくことを心がけています。

LINE

<Design Process Map>
デザインプロセス

LINE

企業連携を基点に商品化したプロダクトの考察

 


Philosophy

Product design

Space design

Planning

Graphics design